サイト開設者について

当サイトを訪れていただいてありがとうございます。
このサイトは、神居俊哉と高尾司(神居はソフトウェア・ベンダーのテクニカル・エンジニアとして長年の経験をもち、高尾はIBMメインフレームのシステム・テストとチューニングを長年やってきました。高尾はすでにメインフレームからは足を洗いましたが、神居は継続してスキルを磨いてきました)が2008年の夏に始めました。当時は、メインフレーム・コンピューターは、無くなる無くなる、と言われ続けておりましたが、IT業界のほとんどの人の予想を超え、安定し、かつ、高度成長期のノウハウが注ぎ込まれたメインフレームは今日まで生き延びております。

神居と高尾は、2009年にものすごく悲観的な予想をもとに「メインフレーム実践ハンドブック」というメインフレーム向けの技術解説本を出版しました。メインフレームの本としては、実に20年ぶりでした。大方の悲観的な予想はうれしくも裏切られ、2011年終わりですでに販売部数は4000部を超え、現在は5000部を超えています。神居と高尾の情熱は、多くの読者のご賛同をいただけたと喜んでおります。ありがとうございます。

メインフレーム本の出版に続いて立ち上げた当サイトですが、こちらも今や平日は800人程の訪問があります。仕事のための訪問であることは、土日のアクセスが極端に少ないことからもわかります。情報の少ないメインフレームの世界でささやかですが、実は日本最大のポータルであるという事実があります。

サイト開設後、10年以上が経過しましたが、大方の予想を裏切り「メインフレームはどうやら無くならないらしいぞ」となりました(あくまでも2019年時点では)。現役のメインフレーム・コンピューターのシステムの業務を継続していくためには、さまざまな知識や技術も必要です。今後も少しずつではありますが、役立つ知識や情報の提供を続けようと考えております。

書籍に関しては、その後もビギナー向け、中級クラスのエンジニア向けの解説本を、当サイトの運営会社自身が出版社となり何冊かを刊行しました。JCLやISPFの操作解説書については、今日でも一定数の需要があるようで、新たにメインフレーム・コンピューターに携わることになった方々が増えていることを示しています。

Print Friendly, PDF & Email